ARTSY Facebook twitter Instagram tumblr pinterest vimeo youtube soundcloud
JP EN
Irritated Figures by Haruki Ogawa Irritated Figures by Haruki Ogawa Irritated Figures by Haruki Ogawa

爆発した原動力は小川晴輝の絵画において顕著な特徴である。彼が描写する形象は強度のアシッドをはねかけられた原生動物の振舞いを生み出す。つまり、過敏な反応、金切り声、あらゆる方向への動き。彼のイメージは色や線や絵の素材の噴火として表現され、遂には感情の爆発を行う。小川は、しばしば化学反応の隠喩を用いて自身の作品を説明します。それの説明はまるで特定の物質、色、アイディアを混ぜ合わせることが激しくとめどない泡やガス、光や熱、そして未知の視覚的本質の放出を導くかのようです。

比喩的な意味のみでなく、批評的な次元から見ても、小川のイメージは「イライラさせられる形象」だということが解釈できるでしょう。乱暴にねじれた彼の形象の輪郭線は、日本の現代アートでは、アニメキャラクターのおなじみの不屈で表現されている明確な輪郭線への「イラ立ち」として理解できる。つかみきれない小川のイメージの動向は、たやすくつかむことができるプロダクトのような日本のポップカルチャーのイメージへの「イラ立ち」への反応としても理解できる。したがって、小川の形象のヒステリックな態度は明確な概念的根源がある。「イライラさせられる形象」とは、単なるカラフルなスポットのサーカスではなく、批評的表明である。

小川晴輝

1985
Born in Kanagawa prefecture
2008
Entered Tokyo Zokei University

Solo Exhibition

2009
"Irritated Figures", Frantic Gallery, Tokyo

Group Exhibition

2012
The 11th Gunma Biennale for Young Artist, The Museum of Modern Art, Gunma, Japan
2012
"The 23rd Five Universities Exhibition", New National Museum of Art, Tokyo
2010
"2010 FRANTIC UNDERLINES", Frantic Gallery, Tokyo
2010
"frantic drawings", Frantic Gallery, Tokyo
2009
Frantic Collection, art project frantic, Tokyo
2009
My Favorite Things, art project frantic&unseal cotemporary joint exhibition, Tokyo
2008
Today’s Lunch, ARC gallery
2008
Five Art Universities Exhibit, Musashino Art University

Art Fairs

2008
Art&Home Collection Exhibition, Yokohama
2009
Young Art Taipei, Taipei