ARTSY Facebook twitter Instagram tumblr pinterest vimeo youtube soundcloud
JP EN

川人綾
Aya Kawato

1988
Born in Nara, Japan
2011
Kyoto Seika University, Art Department, Textile Course, B.A.
2014
École Nationale Supérieure des Beaux-arts, Student Exchange Programe, Paris
2015
Tokyo University of the Arts, Graduate School of Fine Arts, Intermedia Art Course, M.A.
2015~
Tokyo University of the Arts, Graduate school of Fine Arts, Department of Intermedia Art, Doctoral Candidate Course

Awards

2016
Japan Arts Foundation
The 33th Mitsubishi Corporation Art Gate Program, Finalist
Independent 2016, Tagboat Art Fes,
Shonandai MY Gallery Prize (Jury’s Prize)
Katsumi Yamato Gallery Prize (Jury’s Prize),
The 11th Tagboat Award, Tomio Koyama Prize (Jury’s Prize)
The 30th Mitsubishi Corporation Art Gate Program, Finalist
2015
The 10th Geidai Art Plaza Awards 2015 Exhibition, Finalist
2012
The 16th Flag-art Exhibition 2012 in Gifu, Finalist

Selected Group Exhibitions

2016
Shonandai Project WILL, Shonandai MY Gallery, Tokyo
2016
The 33th Mitsubishi Corporation Art Gate Program, Eye of Gyre, Gyre, Tokyo
2016
Atlas 2016, Tokyo University of the Arts, Toride Campus, Ibaraki
2016
Independent 2016, Tagboat Art Fes, Hulic Hall, Tokyo
2016
The 11th Tagboat Award, IID Gallery, Ikejiri Institute of Design, Tokyo
2016
The 30th Mitsubishi Corporation Art Gate Program, Eye of Gyre, Gyre, Tokyo
2015
The 10th Geidai Art Plaza Awards 2015 Exhibition, Geidai Art Plaza, Tokyo University of the Arts, Tokyo
2015
Tokyo Design Week 2015, 100 Creators Exhibition, In front of the Meijijingu Gaien Memorial Picture Gallery, Tokyo
2015
SICF 16, Spiral Hall, Tokyo
2015
Tokyo University of the Arts Graduation Works Exhibitions, Tokyo University of the Arts, Tokyo
2014
Wip, Tokyo University of the Arts, Toride Campus, Ibaraki
2014
You’ve gone too far, Atelier Vilmouth, École nationale supérieure des beaux-arts de Paris, Paris
2012
Preliminary Review Exhibition, Tokyo University of the Arts, Toride Campus, Ibaraki
2012
The 16th Flag-art Exhibition 2012 in Gifu, Kanda-machi street, Gifu
2011
Atlas 2011, Tokyo University of the Arts, Toride Campus, Ibaraki
2011
Kyoto Seika University Graduation Works Exhibition 2011, Kyoto Municipal Museum of Art, Kyoto
2011
Ensemble of Yuko Hasegawa + 16 Students, Kyoto Seika University Gallery Fleur, Kyoto
2010
Wakuwaku Kyoto Project, Former Rissei Elementary School, Kyoto
2010
9, Shin-bi, Kyoto
2008
1968+40 Mode Make-up, Kenninji, Kyoto
Introduction

川人綾は伝統美術や工芸に恵まれた奈良に生まれ、京都で育ちました。そして、京都精華大学芸術学部でテキスタイルコースを専攻し、日本の伝統的な染織を中心に学ぶなかで、絣に興味を抱きました。絣は装飾性に富んだ織物で、布に模様や形象を織り出すために、縦糸か緯糸か、そのどちらかの、あるいはその両方の織り糸を染め分けておく技術です。その工程は極めて複雑で、熟練の職人の仕事であってもズレが生じます。そのため日本人はあるときは容認できないものとして、また一方では容認しうるもの、ともすると最高の創造性を生む瞬間として、「ズレ」の伝統を長く育み、通じてきたのです。こうした秩序と不調和、規則と混乱、グリッドとブレーキといったトピックスが美術上の実践とともに川人の理論的探求を引き起こし、パリの国立高等美術学校への留学プログラム、そして東京芸術大学大学院でも研究を継続しました。

現在は主に絵画的媒体を用いながらも、川人の研究と美術的発見は今でもテキスタイルと織物の世界という次元にあります。彼女の手法は5ミリ幅のマスキングテープを使って木製パネルを覆い、それをグリッド状にカットするというものです。そして、いくつかのパーツを剥がし、色を乗せ、残りのパーツを剥がします。そして規則的な方法でベースを覆うために異なる紙のレイヤーを使って別の色を乗せます。この過程はパネルがグリッドを呈するまで繰り返されます。そのグリッドは非常に複雑で、とても全体的に把握することはできません。川人はもともとブレーキのために適用されていた紙の四角形やストライプを剥がすことで、グリッドを開いて交差する順列の全体に不調和を持ち込んでいきます。構造が不完全さをともなった絶妙なバランスを得、見る者に彼らの想像力や意識のグリッドの拘束を超えさせることができると判断したとき、彼女は手を止めます。

古代の染織の技法から神経科学者の最新の発見に至るまで、川人の他方向な好奇心のベクトルは最終的に彼女の作り出す美術作品に織り込まれており、彼女が多くの注目を集めていることは驚くに値しません。2016年から2017年にかけて川人は日本で7つの賞を受賞し、現在は次回の国際的な展覧会に向け活動中です。

Selected Works
C/U_mmm-mmm_(b)_I
2017
acrylic, paper on wooden paper
300x300cm
available
AyK_1701
C/U_mmm-mmm_(b)_I (detail)
2017
acrylic, paper on wooden paper
300x300cm
available
AyK_1701
C/U_mccciii-dccciii_(b)_I
2016
acrylic, paper on wooden panel
130.3x80.3cm
Private Collection
AyK_1606
C/U_mccciii-dccciii_(b)_I (detail)
2016
acrylic, paper on wooden panel
130.3x80.3cm
Private Collection
AyK_1606
C/U_mcdlvi-mxxx_(b)_II
2014
acrylic, paper on wooden panel
145.5x103cm
available
AyK_1604
C/U_mcdlvi-mxxx_(b)_II (detail)
2014
acrylic, paper on wooden panel
145.5x103cm
available
AyK_1604